男女

避妊で不妊対策する

看護師

性行為を行うことでお互いの愛を確かめ合うことが可能ですが、避妊グッズを利用することはとても大切です。なぜなら、性病に掛かってしまう可能性があるからです。もし、性病に掛かったら、大阪の産婦人科で治療を受けると良いでしょう。

View Detail

命を守るために検査しよう

日本でのエイズ感染者は年々増えています。リスクを軽減させるためにもHIV検査を受けることが大切なので、気になる方はコチラをご覧下さい。

性病にかかっている?そんな疑いをハッキリさせるためにも性病検査を東京で受けましょう。検査キットがあれば自宅でも検査が可能ですよ。

医者

性病の患者数は多く、治療のために病院を訪れている人は増加傾向にあります。性行為の低年齢化が心配されている現代では、避妊具の使用は非常に重要なものとなっています。避妊具は妊娠を避けるためだけではなく、性病の感染を防ぐ役目も担っているのです。命の危険があるHIVウイルスなどの感染確率を下げることができるため、エイズが深刻な問題となっている地域では避妊の大切さを呼びかけています。性病は性行為を行なうことで感染してしまうということが一般的な考えですが、クラミジアなどは直接的な性行為ではなくディープキスだけで感染してしまうのです。性病に感染してしまうと、妊娠しにくくなってしまう可能性が高まります。性病は自覚症状が無いことが多いため、自分でも気づかない内に感染してしまっていたり、パートナーに伝染してしまっている場合も少なくありません。そのため、自分は大丈夫と安易に考えず、しっかり検査を受けることが大切となるのです。

HIVウイルス感染は世界中で問題となっています。感染経路として、性行為や血液感染、母子感染が挙げられます。性行為によってHIVウイルスに感染してしまうケースは発展途上国だけでなく先進国にも広まっており、患者数は拡大しています。HIVウイルスがエイズを発症してしまうまでの潜伏期間は長く、その際の自覚症状も無いのです。気づいたときには身体がエイズに蝕まれていた、ということも少なくはないのです。感染しているかどうかはHIV検査によって調べることができるため、パートナーのためにも検査を受けることが大切です。最近ではHIV検査キットも登場しており、専門機関に出向くことなく簡単に調べられるようになっています。時間がない人でも空いた時間に検査を行なうことができるため、一度利用してみてはいかがでしょうか。

HIVの早期発見のために

病院

HIV検査は保健所だと無料で診察してもらうことができます。誰でも受けることができるので、疑いがあればすぐに足を運ぶことが大切です。また、検査の方法には様々なものがあり、最近は自宅で検査ができるキットも販売されています。

View Detail

匿名検査

医者

性病の中には、自覚症状があまりないものがあります。そのため、検査キットで早めに見つけることが大切になってきます。匿名で検査を受けられるので、検査キットを使用しましょう。

View Detail